私が新しい家を欲しいと思う理由

私はどうしても新築の木の家に住みたいです。なぜなら、今暮らしている家がとてつもなく寒いからです。冬は外気温とほぼ変わらないし、秋や春に至っては屋外よりも室内のほうが寒いことさえあります。

新しい家を建てたら、お日様いっぱい浴びて目覚めて、日が当たるベランダに布団を干したいです。今の家は密集地に建っていることもあり、太陽光は一日中全く当たりません。布団は乾燥機でしか乾かしようがありません。とても惨めです。家の中は暗く、常に電気を付けています。今日は天気が良くないな、なんて思って玄関を出たら外が快晴なんてこともよくあります。

とにかく日当たりが良く、温かい家に暮らしたいです。毎月の家賃と、一日中付けっぱなしのヒーターと電気のせいで高額になる光熱費を合わせれば、きっと住宅ローンぐらいの金額になります。トイレは古く水を何リットル流すんだってぐらいなので水道代もかなり掛かっています。風呂の給湯の調子も悪いのでガス代も相当なものです。それらを毎月支払い続けるぐらいなら、新しい家を建てたほうがよっぽど幸せな生活ができる気がします。

PR/生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけん 健康マニアによる無病ライフ マッサージのリアル口コミ.com 英語上達の秘訣 超SEO対策 内職 アルバイト 貯蓄 家計見直しクラブ GetMoney