イメージと違う家にしないために

投稿者:

一戸建ての注文住宅に住んでいます。

元々は建売住宅を探していましたが、なんとなく探していた時期も含めると2年ぐらいの間にあまりにもたくさんの物件を見てきたので、目が肥えてしまいました(笑)
最初の頃は素敵に見えた一般的な建売住宅も、マンションや少し高級な建売住宅の内覧会を何度も訪れているうちに貧相に見えるようになっていました。
そんなわけで我が家は地元に密着した不動産屋さんと施工会社さんにお願いして家を建てることにしたのです。注文と言っても我が家は経済的な余裕はないのでローコスト住宅ですが。

とは言っても家のことに全く素人の私たち。
下手にあれこれ言って結局は建売住宅のような住まいになっては注文住宅にする意味がありません。

雑誌を参考に雰囲気を伝えても写真だけでは色が曖昧になってしまうし、雑誌に載るような高級材料は我が家では手が届きません。

そこで我が家がやったのが、施工会社が手掛けた少し高級感を出した建売住宅の内覧会にたびたび参加させてもらうことでした。
その中から自分たちのイメージに近い物件の雰囲気を伝えて床材や建具などを決めていったのです。

おかげで建てる前と後の極端なイメージの違いを避けることに成功しました。