新居の家で足元灯が意外と活躍しています

小さく地味ながらも、しかしものすごく役立っている住宅設備として私は「足元灯」をあげたいものです。足元灯とは、ざっくり言うならばコンセントに差し込まれている自動で灯る照明のことです。わが家にある足元灯は、真っ暗になると自動でボヤーッと灯ます。これがなかなか便利なのです。

もとはといえば、わが家を建ててくれた工務店さんからのオマケの足元灯なのですが、廊下の電気を人感センサーにしたわが家においては大変重宝しています。なぜなら、スイッチ式ではなく人感センサーでつく廊下の照明ですから、角度やなんやと何らかの理由で人の気配を察知しない時にはつかないものですから…。ですから既に廊下を歩いているにもかかわらず、真っ暗闇のままな時があるのです。

しかしそんな時に足元灯が光っていてくれればそれだけで何かを踏まずに歩けるというものですからね。時々子供のおもちゃが廊下に落ちていることがあるわが家においては、足元灯は救世主です。